読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

オンナのつぶやき

スポンサーリンク

今の時代に生きる女性は、選択肢が増えたことにより、逆に生き辛くなっている部分がある。

結婚するーしない。
子どもを産むー産まない。
仕事を続けるー辞める。

全てを選び取ったとしても、何かを選んで何かを捨てたとしても、またすべてを選び取らなかったとしても、どうしたってどこかの地点で立ち止まり、振り返る時期がある。

ー果たして、この選択が正しかったのかー
 
選ぶ自由はー、選ぶ責任も問われる。選択の過ちは、自分自身で回収しなければならない。
それは違うと誰も正してはくれないし、自分で気付くよりほかはない。その気付きの瞬間、その殆どが手遅れだと途方に暮れるのだ。
 

女って生き物は、化粧をして着飾る。自分を少しでも良く見せようと努力する。
間違えたかもしれない自分の人生と、共存する為に必死にもがく。少しでも脚色して他人を騙し、そうやって自分も騙し、心のどこかで誰かが持たない、自分にはある何かを探し。
指の先にある、10の小さな世界に彩を与え、それを心の拠り所になんかにして。
所帯染みた自宅とは天と地ほどの、お洒落な心地良いジャズなんて流れる空気の中で淹れられた、1杯500円もするコーヒーなんかを手にして。

良く言えば、ちょっとしたことで切り替えれる、単純で向上心の高い生き物なのだけれど。
 


 f:id:hisamiko:20170506105917j:plain
 

スポンサーリンク