スポンサーリンク

昼中

24時間分のどれだけ空を見上げなくなってしまった

ある秋の日の風景

当たり前のように 見えていた世界あなたの視界との誤差に 気付いてしまった

天気

雲の流れを読む今日の、君の心答えがそこにある

おやつ

君のポテンシャルを、信じる***

何処かへ

投げたブーメランが また戻ってくる確実にコントロール出来ていたあの頃よそ見や 上の空 雑念に手元が狂うブーメランは 戻らない私の知らない水平線の向こう側を 見てしまったから

8月、終わり

青と黄緑のサンドウィッチ 渦巻く感情を挟んで 空っぽにする

赤レンガ

心の奥にある、手を伸ばしても届かない古い記憶はよく似た街の中で、ふとした拍子に引っ張り出される 空気 匂い 音 風 そして、光 懐かしい彼らと再会する

どうやっても 交われない 対角線上の関係それはそれで 均整が取れているのならいいけれど

ロープウェイより

君が笑顔でいれば それでいいあのたくさんのオレンジ色の灯に 感じる温度が 優しければ それでいい

坂道

坂道を転げ落ちた先は、辛い景色ばかりじゃない

1号館

昔のわたしが今の私と出会ったら その感情の行き場は あの頃の1号館と同じ 私は今もわたし 変わらない 悲しいくらいに あの頃のまま

微力ですが

この場を借りて、お見舞い申し上げます。被災された方々の生活が、一日も早く元に戻ることを、心よりお祈りいたします。

富士山

息を飲む ここではみんな 素直になる

光の粒

感情移入し過ぎる夜景に 今を巻き戻せたらいつまでも どこまでもあなたを探し続けられる

お花畑へ

こんな道に、安心する暗くて先が見えない、トンネルの森れんげ畑に通じる抜け道なのかもって、思ったり

咲き誇れ

なりたかった自分、なれなかった自分、これからの自分 春が、背中を押してくれる

ピンクの天井

清々する程終われて良かったなんて嘘 夢中になって読んでいた本が、残り数ページになってしまった時のようなそんな寂しさを打ち消すように、忙しくしてた 桜の下笑顔でサヨナラ 次の約束が、懐かしい

白銀

春がすぐそこなんて 忘れるほどにこの世界は、真っ白で静かでした焦りも 苛立ちも 不安もすべてを結晶が包み込み 雪解けとともに 昇華してくれたらいいのに

雪の日のおやつ

暖かな焼き菓子 寒い中、帰ってくるあなたに

2018

幸多き一年になりますように

魔法

特別なんだって錯覚させるくらい君を愛する 君は、天才

カウントダウン

捨てる

耳障りな雑念を追い払う静けさに、ここに在る幸福を味わう

人間とは

悩み苦しむ器永遠に続く一本の線を引きたい ー篠田桃紅さんの言葉彼女の言葉の数々に、身が引き締まる。

ことのは

「苦しんだり楽しんだりしながら自分を磨いて、その結果得られた幸福は本物だ。 疑ったり信じたりしながら考え抜いて、その結果得られた知識は本物だ。」 今日の、手帳にあったことのは。

ブランコ

もっと もっともっと高く貪欲だったあの頃 空はいつも 私の味方だった

別世界

帰りたくないーそんな気持ち、あと何度味わえるのだろう

私の買い物

800円の女子力***

ビタミン

視覚から、元気を貰う少しだけ、浮上

客観と主観のギャップ

あなたは、こんな人だよね そんな決め付けに何も言い返すことが出来ず、 ただ曖昧な笑みを浮かべた 私の在りたい私とそれが、真逆なこと でもそれが、頭の隅っこでは予想通りなこと プラス変換出来ないこと自体が、 あぁ、こういう人だよねって言われること…

スポンサーリンク